ED治療薬のジェネリック製造が盛んな国はどこか?

医薬品には、新薬とジェネリック薬という分類があります。 新薬は、初めて開発されて実験や臨床検査、治験といったさまざまなプロセスを経て承認に至り、市場で流通している医薬品です。

市場に登場した新薬には、当初特許が設定されています。 その特許により、他の製薬メーカーがそのED治療薬と同じ内容の医薬品を製造することはできないことになっています。 しかし、設定された特許の期間が過ぎて無効となると、他の製薬メーカーによる同じ内容の医薬品の製造が可能になります。

そうして製造されるのがED治療薬のジェネリック薬です。 医薬品としての分類は、新薬は先発薬品・ジェネリック薬は後発医薬品として分けられることもあります。

ED治療薬には、いろいろな種類の新薬が開発されて市場に登場しています。 そのED治療薬は、ED治療を専門に行うクリニックでも処方されています。 新薬のED治療薬にも、それぞれにジェネリック薬が登場しています。

ED治療薬のジェネリック品が盛んに製造されている国はインドです。 インドで製造されて承認された、いろいろなED治療薬のジェネリック医薬品が世界中の国々に流通しています。 これは、インドの製薬に関する特許制度の仕組みによるものです。

製薬の特許には、製造特許と成分特許の2種類の特許制度があります。 製造特許は同じ材料そして同じ製造方法で薬が製造されることに設定される特許です。 製造特許に対し、成分特許では同じ成分での医薬品の製造において認められる特許です。

インド国内における製薬の特許制度では、成分特許が採用されています。 製薬上、成分特許が採用されている仕組みにより、新薬として開発されて既に市場に流通しているED治療薬と同じ成分で製造されている医薬品がED治療薬のジェネリック薬として認定されることになっています。 この製薬に関連する特許制度のしくみの特徴により、インドの国内には、新薬のED治療薬のジェネリック薬を専門に製造する製薬メーカーが集中しています。

インドで新薬のED治療薬とジェネリック医薬品として製造され、ジェネリック薬として認定された医薬品が国外に輸出されて多くのED治療専門のクリニックで使われています。 同じ成分で製造されているので、新薬のED治療薬と同じ効果・効能が期待できます。 なおかつED治療薬のジェネリック薬には、薬価という点で大きなメリットがあり世界中のED症状に悩む男性に愛用されています。

ジェネリックは開発費が掛かってない

新薬とジェネリック薬との一番の違いは、市場に登場するまでの開発料です。 新薬は世界で初めて企画・開発される薬で、市場に出るまでには実験・治験・臨床検査といろいろなプロセスがあります。 そのプロセスを経て医薬品として承認されて市場に登場・流通します。

このプロセスにおいて、人件費や実験費、治験の費用などさまざまな開発料が必要です。 新薬がひとつ市場に登場するには莫大な開発料がかかっているということです。

一方ジェネリック薬は、新薬として登場した医薬品の特許期間が無効になってから他の製薬メーカーが同じ内容で造る医薬品です。 そのため、既に内容がわかっている医薬品なので開発料が不要で低コストで造ることが可能です。 このコストの違いが、市場での薬価に直接関わってきます。 ED治療薬でも、ジェネリック薬は新薬の何分の1といった大変リーズナブルな薬価が設定されているのが一般的です。

医薬品を使ったED治療は、健康保険が適用されない治療です。 そのため、治療を受ける方は医師の処方により治療薬を自費で購入する形となり費用はかなり高額となるのが普通です。 医薬品を使ったED治療を続けたい希望があっても経済的な事情でそれが叶わないという男性も少なくなく、そうしたケースではED治療薬のジェネリック薬が福音となっています。