個人輸入サイトではジェネリックが豊富にある

EDとは日本語では勃起不全と呼ばれますが、範疇としては満足なセックスが出来ないことも含まれます。 行為中に勃起が収まってしまう中折もEDに含まれます。 一方でEDに対してはED治療薬を使うことで改善することが可能です。 これまでEDに関する問題は精力剤といったものが中心でしたが、バイアグラをはじめとしてEDに効果のある治療薬が販売されています。

ED治療薬の仕組みとしては、ペニスに対して流れ込む血流量を改善するというものです。 そもそもペニスが勃起するプロセスとしては何らかの性的な刺激を受けることでペニスに対して血液が流入することで発生します。 このさいに性的な刺激を受けているにも関わらずペニスが勃起しない場合があり、それが勃起不全となります。 ED治療薬ではペニスに対して流れ込む血流を良くする作用があり、これによって勃起しやすい状態にします。 なお、ED治療薬はあくまでも勃起をしやすくするだけであり、性欲を高めるといった行為や、射精に関しての改善といったものには効果はありません。 いずれにしても勃起が起これば満足なセックスが可能になります。

一方でEDの治療薬としてはバイアグラが有名ですが、その他にもレビトラ、シリアスといったものがあります。 3種類の違いとしては効果が出続ける時間と食事やお酒といったものがあります。 特徴としてバイアグラは、服用後30分程度で効き始めて、1時間ほどで血中濃度がピークになります。 効果時間は5時間から6時間程度です。 他と比べるとペニスの硬さが出やすいといわれていますが一方で食事に対して弱く、食事をすると吸収が阻害されるため本来の効果を発揮できない場合があります。

レビトラは3種類の中ではもっとも即効性があるとされ、服用後15分で効き始め、45分ほどでピークになります。 効果も5時間から6時間とされます。 硬さもバイアグラとそれほど変わらず、射精までの時間が延長する傾向にあって、早漏傾向にも効果があります。

シリアスは3種類の中ではゆっくりとしており、1時間から2時間程度で効果が出ます。 空腹時は40分程度で効果が出始めるとされます。 シリアスの最大の特徴は効果が24時間から36時間と長いことがあります。

3種類とも費用としては、1錠あたり1500円から2500円程度で、処方されるにはED治療を行っているクリニックが個人輸入という方法になります。 一方で価格を抑えるためにジェネリックを使うといった方法もあります。

バイアグラのジェネリックは単価が安いから使いやすい

ジェネリックとは、後発医薬品とも呼ばれ新薬の特許が切れたあとに販売される新薬と同じ有効成分と同じ効き目がある安価な薬のことです。 新薬の場合には開発費に膨大な資金を投入していますが、特許期間があり、特許期間中は他の製薬会社は、その有効成分を使った薬を作ることができません。 特許が切れるとジェネリックとして国内でも販売することが可能です。

ED治療薬の中で特許が切れてジェネリックが販売されているのはバイアグラだけで、2014年から販売承認されてED治療を行うクリニックで処方が出来るようになっています。 価格としては安価といっても1000円前後とバイアグラと比べると3分の1または半分程度安価になります。 一方でジェネリックは種類が豊富で、また競争相手が多いため工夫した薬が豊富に見られます。 特に飲みやすさを売りにしたものでは、味付けすることで飲みやすくしたり、また錠剤ではなくチューブに入れてゼリー状としたものなどが見られます。

種類が豊富なジェネリックですが、国内で製造される薬は安全性に問題はありませんが、その分価格は高めです。 一方で海外で生産されるものは価格は安いものの偽物も存在するため個人輸入で手に入れる場合には注意が必要で、成分保証をしているサイトのものを選ぶことがポイントです。