個人輸入サイトが人気の秘密

医薬品を個人輸入サイトで購入する方が増えています。 個人輸入サイトを利用するメリットは何でしょうか。 またどんな場合にメリットを最大に活かせるのでしょうか。

日本には薬事法という法律があって、どんな薬でも自由に購入できるわけではありません。 本当に効果が高い薬の多くは医師の処方が必要であり、原則として病院へ行かないと手に入れることができません。 また病院へ行っても、欲しいだけの分量を処方してもらえるとは限りません。 医薬品によっては、保険が適用できる量に制限があります。

性感染症や薄毛の治療など、他人に知られたくない場合もあります。 たとえ相手が医師でも話したくないことはありますし、病院へ行けば誰かに見られる可能性は高くなります。 個人輸入サイトなら自宅で利用できるため、他人に知られるリスクは低く抑えられます。 通販で送られてくる荷物は、外からでは内容の明細が分からないようになっています。

病院では医薬品だけを注文することができず、必ず診察を受ける必要がありますから、診察費や検査費がかかります。 個人輸入サイトなら診察費が不要なので、割安で購入できることもメリットです。 さらに安いジェネリック医薬品を利用できることも、個人輸入サイトの利点のひとつです。

ジェネリックは特許が切れた医薬品をコピーした製品で、効能は先発薬と同じですが、特許料を支払わなくてよいため安いのが特徴です。 日本では特許が切れておらず、ジェネリックを作れない医薬品でも、海外では合法的にコピーされている場合があります。 そうした薬は日本の薬局では販売できませんが、個人輸入なら入手することができます。

日本の医師法では医師でなくても、自分自身の体に医療行為を行うことは禁止していません。 したがって医師の処方を受けずに薬を購入するのは、自分自身が使用する限り合法です。 個人輸入サイトでは手軽に薬を購入できますが、他人に転売すると違法になるので注意してください。 まとめ買いすると安い値段で買える場合もありますが、極端に大量の薬を買うことはできません。

インターネット上には数多くの個人輸入サイトがありますが、なかには顧客への対応がいい加減なサイトも見られます。 健康に直接関係する商品を取り扱っているわけですから、信頼できる業者を選ぶことが大切です。 ただし怪しい業者はすぐに淘汰されて消えてしまうため、長年の営業実績がある有名な業者なら、まず信頼を裏切ることはないでしょう。

医薬品の種類が豊富と気軽に注文できる点が人気

個人輸入サイトでは、海外で発売されている非常に多くの種類の医薬品を購入できます。 ジェネリックをはじめ、日本では手に入らない種類も豊富に用意されています。 海外では効果が検証され、人気になっている薬も多いのが特徴です。

日本の行政は保守的で、海外では早くから承認されている薬でも、なかなか承認されないと言われています。 このような種類の薬は、通常なら海外へ行って購入するしかありませんが、個人輸入サイトを利用すれば、自宅で手間をかけずに入手できます。 これは個人輸入サイトならではのメリットと言えます。

医薬品を自分自身で個人輸入しようとすると、海外のメーカーへ外国語で注文しなければならず、また複雑な通関手続きも必要になります。 個人輸入サイトは面倒な手間をすべて代行してくれるため、いつでもどこでも日本語で手軽に注文することができます。 もし届いた商品に不足や欠陥があったときは、クレーム処理も受け付けてくれるため安心です。

海外で知られた効果の高い医薬品を、自宅にいながら手間をかけずに購入できることが、個人輸入サイトの人気の理由です。 豊富なメニューから通販感覚で手軽に選べるので、悩みの解消から日常の健康管理まで、さまざまな目的で利用できます。