バイアグラ以外のED治療薬の副作用

シアリスとレビトラといったED治療薬が、今では広く世間に普及しています。 共に有能な医薬品であり、世界中で愛用者がいます。 もちろん日本人の男性ユーザーの間でも人気が高く、既に大勢の方々が性生活の品質改善のために愛用しており、両者とも安全性にはお墨付きがあります。

まずシアリスですが、ED治療薬の中でも特に効き目が長続きします。 一般的な医薬品だと効果が数時間で切れるのが普通です。 一方でシアリスの特徴は、最短でも24時間、最長で36時間程、勃起不全を治す効果が持続するということです。

また緩やかな曲線で、男性の勃起力をじっくりと改善します。 そのため即効性の強いED治療薬とは違い、ペニスが自然な形で勃起していき、相手の女性に医薬品を使っていることがバレづらい、というメリットもあります。 効果がマイルドなため、副作用の発生も緩やかです。 顔のほてり、動悸や消化不良の発生等がシアリスの副作用として存在しますが、いずれも軽度で済みます。

特に解決法をユーザー側が意識する必要はありません。 シアリスの副作用は効果が高まるにつれて、自然と治まっていきます。 特に解決法を意識する必要は無く、ほてりや動悸や消化不良などの副作用は、ベッドやソファで安静な姿勢を保っていれば自然回復しますので、安心して大丈夫です。

続いてレビトラに関してですが、シアリスとは対照的に即効性に優れたED治療薬です。 服用してから数十分で、男性が持つ潜在的な勃起力をみるみるうちに引き出します。 ペニスをあっという間に勃起させ、亀頭はがっちりと固く、陰茎の長さはフルサイズに、ペニス全体は男らしい堂々としたボリューム感を見せてくれます。

持久力を求めるならシアリスですが、ペニスを逞しく勃起させて、アグレッシヴな性生活をスピーディーに楽しみたい方にはレビトラの方が最適です。 短時間でペニスを勃起させる速攻型のED治療薬は、大抵、副作用が強力に現れるデメリットを持っていますが、レビトラは例外です。 動悸や消化不良、ほてり等の副作用が出るリスクはありますが、シアリス同様にそもそも発生率が低い、あるいは仮に体調に現れてもいずれも軽度で済みます。

レビトラの方も副作用の解決法をユーザー側が意識する必要はなく、飲むシチュエーションさえ上手くコントロールすれば良い程度です。 動悸や消化不良といった体調変化が、車の運転中や仕事中に現れては大変ですので、レビトラを飲むシチュエーションはプライベートタイム、それも安全な自宅にしましょう。 これがED治療薬の副作用の解決法とも言えます。

ED治療薬で起こる重篤な副作用とは

持久力に秀でたシアリス、即効性に優れたレビトラ、両者とも非常に優れたメリットを持つED治療薬です。 EDに悩む男性のコンプレックスを解決し、快適な性生活を復活させてくれるため、セックスレスや男性不妊の解決法としても、最近は注目され始めています。 ただ一方でED治療薬には重篤な副作用が起きるリスクが隠れています。

一般的な成人男性が重篤な副作用に見舞われることは無いと考えられています。 一方で心臓疾患を抱えている方、あるいはそれに近い先天性の持病を持っている方については、ED治療薬の服用が原因で、文字通り命を落としかねない重篤な副作用に遭遇します。

ED治療薬の成分と心臓疾患の持病薬の成分は相性が極めて悪いためです。 同時に服用すると、高確率で緊急搬送されるような重篤な副作用に遭遇するため、残念ではありますが心臓関連の病気を持っている方はシアリスとレビトラの服用は絶対に避けるべきです。 併用禁忌薬に指定されており、専門医も絶対に同時服用してはいけないと警告しています。 また持病を特に抱えていなくても、非常に高齢な成人男性は、ED治療薬の副作用である動悸や消化不良等が強く生じやすいため、素人判断は避けて専門医のアドバイスを受けてから実際に服用すべきです。